「毎日餌を与えているけど、愛猫ちゃんが元気がない・・」

こんな心配をしている飼い主さんへ。

安全でおいしいキャットフードを選んでいますか?

猫の健康

はじめまして。ペットフード販売士のナオヨシです。
以前の私は、安いキャットフードばかり与えて、猫を病気にさせていました。

 

病院で診察を受ける猫

「なにかおかしい」と気づいた私は、その原因がキャットフードにあることを突き止め、独自に猫のゴハンを研究するようになりました。 

そのキャットフードが猫ちゃんを病気にさせています

子猫

私は、愛猫が体調を崩したことで、数々のキャットフードを比較しました。

そして、品質の悪いキャットフードには、猫の健康を害する原材料がたくさん入っている事実を知りました。

 

猫に害のあるもの①:ミールの肉類

危険なキャットフード

「~ミート」「~ミール」の肉は、食べたくないにゃ。。

※「~ミート」、「~ミール」とは、食用にできない商品価値の低い肉や羽を、粉状にしたり溶かしたりして混ぜ合わせたもの。

本当なら廃棄するレベルの食用ではない”4Dミート”が含まれます。

4Dミートとは

「Dead=動物の死骸の肉」
「Diseased=病気だった動物の肉」
「Dying=死にかけていた動物の肉」
「Disabled=障害のあった動物の肉」

「死骸や病気だった肉で作られたキャットフードがあるなんて・・・信じられない・・」

 

猫に害のあるもの②:発がん性のある人口添加物

ミールだけでなく、キャットフードには、発ガン性物質の酸化防止剤(BHT、BHA)が使用されているのをご存知ですか?

副作用

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)と、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、
殺虫剤やガソリンの酸化防止剤に使われる毒物。

発ガン性、皮膚炎、脱毛、異常行動、血清コレストロール上昇のリスクが高く、人に対しては、食品添加物として認可されていません。

こんなものを給餌し続けたら、ネコの健康が悪くなるのは当然ですよね・・・。

 

猫に害のあるもの③:トウモロコシや小麦粉などの穀物

わるいキャットフード

質の低いキャットフードには、必ずといっていいほどトウモロコシや小麦が入っています。

しかし、猫は、人と違って完全な肉食動物です。

本来、穀物は食べる必要はありません。

それでも、入っている理由は、これら穀物類の原材料が安いから。

かさましのために入れられている穀物は、猫がアレルギーになる原因になります。

 

猫に害のあるもの④:キャットフードの着色料や香料

猫は、ニオイで食欲をそそられる動物です。
そのため、粗悪な原材料に人工的な香料を付けて誤魔化しているキャットフードが数多くあります。

また、猫は食べ物の見た目は気にしません。
着色料の付いているキャットフードは、人間の購買意欲を高めるためです。

※猫が人工着色料を食べると、「神経質で攻撃的になる」確率が高まる臨床データが発表されています。
無着色のフードを選んであげてください。

 

安全で健康的。
全ライフステージ対応のキャットフードおすすめ3選

1位 2位 3位
フード名 モグニャン

モグニャン

カナガン

カナガン

シンプリー

シンプリー

獣医師の推薦 最高評価
あり。88%の獣医師が推薦。
評価
あり。推薦率は不明。
評価
あり。推薦率は不明。
主原料 白身魚63%使用 平飼チキン60%以上使用 サーモン・ニシン・マス73%以上使用
たんぱく質 評価
30%
高評価
37%
高評価
37%
価格 単品3,960円/1,5kg(袋)
定期コースで最大20%割引
単品3,960円/1,5kg(袋)
定期コースで最大20%割引
単品3,960円/1,5kg(袋)
定期コースで最大20%割引
カロリー 約374キロカロリー(100gあたり) 約390キロカロリー(100gあたり) 約380キロカロリー(100gあたり)
添加物 最高評価
・グレインフリー
・ヒューマングレード
・着色料・人工保存料・香料・遺伝子組み換え原料の不使用。
最高評価
・グレインフリー
・ヒューマングレード
・着色料・人工保存料・香料・遺伝子組み換え原料の不使用。
最高評価
・グレインフリー
・ヒューマングレード
・着色料・人工保存料・香料・遺伝子組み換え原料の不使用。
「グレインフリー」「ヒューマングレード」「オールナチュラル」3拍子揃ったモグニャン。

いちどは、愛猫ちゃんに、食べさせてあげてほしいです。

 

値段だけでキャットフードを選ばないようにしましょう。

猫の顔

愛猫を大切にしてる飼い主さんは、値段だけでフードを選ばないようにしましょう。

ポイント

そして、下記原料が入っていないキャットフードがおすすめです。

・~ミート、~ミール
・動物性油脂
・人工酸化防止剤(BHT、BHA)
・穀物類(小麦類やトウモロコシなど)
・着色料
・香料
・人工添加物(猫に害のない天然由来のビタミン、ミネラルは除く)

キャットフードの袋には、使用されている原材料が書かれています。
内容を確認して、無添加で高品質のキャットフードを選びましょう!

無添加のおすすめキャットフード

無添加キャットフードランキング

 

ライフステージ別キャットフードの選び方

猫は、年齢や状況によって、必要な栄養素が変化するんだニャ。
ステージに合わない食事をすると、太ったり、栄養不足になったりして大変ニャ。
子猫(キトン・12か月未満)

子猫には、高たんぱく質のフードと必須脂肪酸を充分に与えましょう。
ただし、無尽蔵にキャットフードを与えると太ります。
成長しきったら、生後12か月未満でも、成猫用に変えます。
1日3~4回に分けて与えます。

妊娠中

妊娠中は、高カロリーで高たんぱく質の栄養が必要です。
この時期に、適切な餌を与えないと、出生後の子猫の死亡率上昇・免疫力低下などが起こります。
胎児の骨格の発達を助けるために、カルシウムやリンの量も多くします。
1日3~4回に分けて与えます。

授乳しているお母さん猫

複数の赤ちゃんを同時に育てるお母さん猫には、高カロリーで高たんぱく質な餌を与えます。
魚系のフードよりも、肉系のフードのほうがおすすめです。
1日3~4回に分けて与えます。

成猫(1~7歳)

成猫になったら、カロリー、たんぱく質、カルシウム、リン、塩分量など気を配ります。
この時期のキャットフードが、猫の健康に大きな影響をあたえます。
リンが多いと、腎臓病になりやすいです。
カルシウムが多いと、シュウ酸カルシウム尿石になりやすいです。
成猫は、個体差が大きいので、その子に合ったキャットフードを与えるのが大切です。
1日2回与えます。

シニア猫(7歳以上)

高齢になると、腎臓病や心臓病などの病気になる可能性が高まります。
代謝が悪くなることで太ったり、非常に高齢で痩せたりします。
適正体重を保てるように、量より質を重視しましょう。
また、シニア猫ほど、こまめな水分補給を心がけましょう。
1日2回与えます。

状況に合わせて餌を変えて、愛猫ちゃんの健康を守りましょう!

ライフステージ別キャットフードランキング

キトン用キャットフードランキング  シニア おすすめキャットフードランキング

 

【補足】キャットフードの原材料を見て選びましょう

キャットフードの良し悪しを判断するには、原材料チェックが役立ちます。

キャットフードの原材料は、使用量が多い順番に、パッケージに記載されています。
猫に一番必要なたんぱく質の種類と量をチェックする。
かさましのために、トウモロコシなどの穀類が使われていないか、しっかりチェックしていきましょう。

良いキャットフードかどうかは、原材料と成分をみれば、ある程度判別できます。
今お使いのキャットフードに何が含まれているか確認してみてください

おすすめグレインフリーキャットフードランキング8選

グレインフリーキャットフードランキング

 

愛猫ちゃんが病気になったら

飼い主さんの独断で療養食を与えると、逆効果になることがあります。

猫ちゃんが病気になったら、必ず獣医師の診察を受けて、療養食についてアドバイスをもらいましょう。

尿路結石用おすすめキャットフード

尿路結石 キャットフードランキング

 

ダイエット用おすすめキャットフード

猫 ダイエット

毎日、安全なゴハンを猫に食べさせたい飼い主さんへ

愛猫の食事を大切に考える飼い主さんは、今すぐ「安全なキャットフード」を選んで切り替えましょう。

ネコの体に負担をかけないゴハンを給餌しましょう。

このサイトでは、数々のキャットフードを解析しています。
ぜひ参考にしていただいて、より良いゴハンを、愛猫ちゃんに与えてほしいと願っています。

 

キャットフードおすすめランキングはこちら

 

  • この記事を書いた人

ペットフード協会認定ペットフード販売士 ナオヨシ

ペットフード協会公認 ペットフード販売士のナオヨシです。 さまざまなキャットフードを比較して、猫のゴハンの大切さを伝えています。

更新日:

新着記事

デブ猫
猫のダイエット方法におすすめ!減量用キャットフードランキング

「ウチのネコは良く食べるな~。どんどん食べなー。」 カロリー計算をしない飼い主さんに育てられると、ネコちゃんはあっという間に太ります。 子猫のうちはいいのですが、成長して老猫になっていくと、運動量が減 ...

猫 キャットフード
おすすめグレインフリー8選!キャットフードランキング【穀物レス】

猫は完全な肉食動物。 人や犬と違い、猫は【お米・麦・トウモロコシなどの穀類】を必要としていないのをご存知ですか? しかし、安いキャットフードには穀類が豊富に入っていますよね。 これは、猫の健康を考えて ...

猫の食いつき
シニア猫用キャットフードランキング。7歳からの高齢期おすすめ

猫も人間と同じく、高齢になるほど、体力が衰えて病気になっていきます。 一般的にシニア猫の兆候は、7歳~11歳くらいから。 15歳以上だと明らかな老猫です。 ネコは高齢になるほど活動的でなくなりますが、 ...

猫 尿石
尿路結石(ストルバイト・シュウ酸カルシウム)おすすめキャットフード

猫は、もともと砂漠で生活できる動物。 普段から、飲む水分量は少なく、濃厚なおしっこをします。 そのため、泌尿器系のトラブルが多くなる動物です。 このページでは、猫の尿石で有名な「ストルバイト結石症」と ...

子猫
子猫(キトン)用キャットフードおすすめ5選!生後12か月まで

子猫期は、全ライフステージのなかで、もっともたくさんの栄養を求めていることをご存知ですか? このページでは、大切な子猫ちゃんへの給餌で失敗しないために、おすすめできるキトン用キャットフード5選と、子猫 ...

Copyright© ペットフード販売士監修!おすすめキャットフードランキング , 2018 All Rights Reserved.