キャットフードランキング

子猫(キトン)用キャットフードおすすめ5選!生後12か月まで

投稿日:

子猫

子猫期は、全ライフステージのなかで、もっともたくさんの栄養を求めていることをご存知ですか?

子猫は、約1年で成猫に成長するにゃ。
この間は、新しい組織の成長と若々しい活動のために食事はとても大切にゃー。

このページでは、大切な子猫ちゃんへの給餌で失敗しないために、おすすめできるキトン用キャットフード5選と、子猫へのキャットフードの与え方を紹介します。

 

子猫用(キトン)の餌は、ドライフードが基本です

生後20~60日から、子猫用(キトン)のフードか、全ライフステージに対応したドライタイプのキャットフードを給餌するのが基本です。

ドライフードは、水分含有量が少なく細菌が発生する確率が低く安全性が高い。
総合栄養食として与えられるので、子猫におすすめできます。
粒が硬い場合は、お湯でふやかしましょう。

 

子猫(キトン)に良いもの・悪いもの

肉

子猫にオススメなご飯は、ズバリお肉!

成長するために『高たんぱく』『高カロリー』がおススメです。

反対に、子猫にオススメできないのは、『人工添加物』
子猫は、消化する力が弱く、免疫力も弱いため、添加物は避けるようにしてあげてください。

 

子猫(キトン)用おすすめキャットフード3選!

『高たんぱく』『高カロリー』『人工添加物未使用』のキャットフードで、子猫にオススメなものを紹介します。

 

1位:カナガン (たんぱく質37%配合・100gあたり390kcal)
3,960円(1,5kg) 

子猫 カナガン

無添加・原材料の70%以上が平飼いチキン・グレインフリー」と文句なしのキャットフード。

カナガンを離乳した子猫に与えるには、1日約30gが目安です。

カナガンの直径は1センチもない小粒。
粒を砕くと、より子猫は食べやすいです。
離乳していない子猫には、お水でふやかして与えます。

成猫になっても、フードの切り替えの心配はありません。

ニオイが強く、生まれて間もない子猫でも、食いつきは抜群。
プレミアムキャットフードで栄養満点。タウリンも豊富。
グレインフリーのキャットフードで比較すると、高カロリーなのも子猫には嬉しい!◎

 

2位:ファインペッツ(たんぱく質32%配合・100gあたり427,2kcal)
3,704円(1,5kg)  → 初回限定1,000円

ファインペッツ 子猫

FINEPET'Sは、オーストラリアの原材料を使い、遺伝子組換作物、放射性物質汚染作物、重金属類汚染作物、化学的な酸化防止剤、防腐剤、着色料、着香料等を一切含まない、安全なキャットフードです。

粒の大きさは、約8ミリ。

高カロリーなのは子猫にとってGood!
穀物(お米)を若干含みますが、肉類原材料割合は、なんと85%。
メーカー発表では、消化吸収率87%と、子猫に優しいフードです。

全ライフステージに対応したキャットフードです。

 

3位:オリジン(たんぱく質40%以上配合・100gあたり406kcal)
6,300円(1,8kg) 

オリジン 子猫

『オリジンは、人間用食品の加工業界基準』に則って製造されています。

飼い主さんからの評判が高く、数々の受賞歴のあるキャットフード。

オリジンは、新鮮な放し飼い家禽肉、巣に産み落とされた全卵、天然魚、放牧飼育された肉にこだわりをもち、高タンパク・高カロリー・無添加。

値段が高いのがデメリットですが、子猫の健康維持におすすめです。

 

4位:ジャガー(たんぱく質40%配合・100gあたり383,5kcal)

ジャガーキャットフード

無添加・肉と魚の両方のタンパク質・グレインフリー・お野菜たっぷり」のキャットフード。

ジャガーは、生後2か月目以降の子猫に対応したキャットフードです。

カナガンと同じく、直径1センチくらいの小粒タイプ。
粒の中心が空洞のため、小さく砕くのも容易にできます。

たんぱく質は、チキンと生サーモンと生マスという、肉と魚の両方から採れる優れもの。
そのほかにも、スーパーフードと呼ばれる健康食材がたっぷり含まれます!◎

 

5位:モグニャン(たんぱく質30%配合・100gあたり374kcal)
3,960円(1,5kg) → 初回限定1,980円

 

モグニャン

モグニャンの原材料は、すべて人間が食べられるヒューマングレードのキャットフードです。

白身魚の割合は63%で、赤ちゃんの離乳食として信頼できる食材です。

グレインフリー、着色料不使用、香料不使用、遺伝子組み換え原料不使用。

アレルギー体質の猫ちゃんにも安心です。

高タンパク、高カロリーではないため、量を多めにするとGood!

粒は小さく、キトン用としても、成猫用としても、幅広く利用できます。

 

子猫の食いつきが悪い時の対処法は?

子猫 キャットフード おすすめ

上記に紹介したキャットフードを食べれる子猫ちゃんは幸せもの。
栄養たっぷり!健やかにスクスク成長してくれるでしょう。

もしも、おいしくて安全なフードなのに、子猫の食いつきが悪い場合は、ドライフードをお皿に出しっぱなしにして、いつでも自由に食べれるようにしてあげましょう。

自分のペースでキャットフードを食べれると、子猫はストレスなく食事に慣れていきます。

 

ワンポイントアドバイス

子猫は、いちどに食べれる量が少ないので、1日の食事回数が増えても大丈夫。
成長して、胃が大きくなってきたら、食事回数を減らしていきましょう。

 

→関連記事:子猫が餌を食べないときのキャットフード選びと対処法

  • この記事を書いた人

一般社団法人ペットフード協会公認 ペットフード販売士 ナオヨシ

ペットフード協会公認 ペットフード販売士のナオヨシです。 猫と暮らすこと30年以上。 さまざまなキャットフードを比較して、猫のゴハンの大切さを伝えています。

-キャットフードランキング

Copyright© ペットフード販売士監修!おすすめキャットフードランキング , 2018 All Rights Reserved.