健康的で美味しく食べれるキャットフードランキング

招き猫のキャットフードランキング

猫の栄養

獣医に聞いた!猫に食べさせてはいけないもの

投稿日:

手作りごはん
「愛猫に愛情たっぷり手作りフードを作ってあげたい」
「猫が食べてはいけないものってなんだろう?」
そんな方に向けて、獣医さんに聞いてきたことをまとめました。

手作り猫ご飯の基本

  • 動物性タンパク質がメイン
  • 水分をたっぷり含んでいる
  • 肉類の割合は50%〜80%
  • 野菜と穀類はその残りを等分したくらい

肉の塊
猫は肉食動物です。
食事から肉や魚を抜いて健康を維持することは、困難です。
理由は肉や魚にしか含まれていない栄養素が猫の必須栄養素だからです。
その栄養素はアラキドン酸、タウリンになります。

そのほかにもビタミンAやビタミンD、ビタミンEなども必須栄養素なので、肉だけでなく野菜なども必要になります。

猫は炭水化物の消化力が弱いため、無理して芋や米を食べさせなくても大丈夫です。

猫が食べてはいけないもの

手作りご飯を作るときにしなくてもいい心配をしている飼い主さんが多いらしいです。

有害な成分が入っていることと、処理する能力を上回って実害を受けるかは分けて考える冷静さが必要です。

例えば人間でも、水を一気に大量に飲めば身体中むくんで死に至ることもあります。

「どういう条件でどういう確率で起きることなのか?」
をしっかり知ることが大切です。

ネギ類

ネギ
長ネギ、玉ねぎ、ニラ、にんにくなどです。

これらの食材にはアリルプロピルジスルフィドという成分が入っています。
この成分は猫の赤血球を壊してしまう働きがあります。

赤血球が壊れると身体中に酸素が回らなくなってしまい、重篤化する危険性もあります。

ネギ類は猫に与えないようにしましょう。

ぶどう、干しぶどう

現時点では猫がぶどうを食べて悪影響があるという報告はないです。
食べたとしても、害が生じるような量を食べることはないです。

ほうれん草

ほうれん草
ほうれん草の中に含まれるシュウ酸が結石の原因になるという話があります。
そもそもそんなに沢山の量を食べないので問題ないです。

あげすぎには注意をしましょう。

鶏の骨

鶏の骨が刺さって死ぬというのは聞いたことないそうです。
猫も野生のときは骨まで食べて、しっかり消化してました。
基本心配しなくて大丈夫だそうです。

魚介類

生の魚介類にはビタミンB1分解酵素があります。
毎日シーフードばかり食べ続けるとよくないかもしれません。
漁港の猫ちゃんでなければ心配不要です。

香辛料

香辛料
猫は香辛料は食べないでしょう。
もし食べたとしても下痢が一過性で起きるくらいです。

ナッツ類

ナッツを食べ、一過性の症状がでる子がいます。
死に至る報告は出ていないらしいです。

わざわざ与えるのはやめましょう。

チョコレート

チョコレート
チョコレートは沢山の量を食べたら危険ですが、そんなに食べることはないらしいです。

生卵

生卵
毎日1個以上食べ続けると、ビオチン欠乏症になる猫もいます。
そもそも食べないので心配不要です。

煮干し、海苔

マグネシウムが多いので結石になると言われています。
摂取水分量と肉や魚の摂取量が充分であれば、特に問題はないそうです。

猫はタンパク質から糖質と脂肪を合成できます。
「食べなくても生きていける」
がいつのまにか
「食べてはいけない」
になっているのがお米や穀物です。

レバー

レバー
レバーはビタミンA過剰症が不安視される食材です。
サプリメントの大量摂取以外、通常の食事では過剰症になることは難しいです。

アワビ、サザエ

光過敏症になるリスクがあります。
なかなか人間でも食べる機会はないと思うので、漁港の猫ちゃん以外は心配不要だと思います。

お茶やコーヒー

カフェインが神経を刺激し、悪影響と言われてます。
しかし猫が飲むことは難しいでしょう。

まとめ

手作りご飯は薬のように力強いパワーはありませんが、日々のサポートになり、非常に重要な要素です。

ただの栄養補給にとどまらず、飼い主さんからの愛情というパワーが、猫に届くのだと思います。

「手作りごはんは厳密な栄養バランスの配合でないといけない」
と思いがちですが、猫には栄養素をある程度融通する調整能力があります。

一つ食材をあげすぎたり、偏り過ぎるのはよくないです。
動物性たんぱく質をメインにいろいろな食材で、愛猫の喜ぶ健康手作りごはんを作ってみてあげてください。

以上、獣医に聞いた!猫に食べさせてはいけないものでした。

-猫の栄養

Copyright© 招き猫のキャットフードランキング , 2017 All Rights Reserved.