キャットフードランキング

シニア猫用キャットフードランキング。7歳からの高齢期おすすめ

投稿日:

老猫

猫も人間と同じく、高齢になるほど、体力が衰えて病気になっていきます。

一般的にシニア猫の兆候は、7歳~11歳くらいから。
15歳以上だと明らかな老猫です。

ネコは高齢になるほど活動的でなくなりますが、食欲はあまり衰えないので、食事を見直さないと体重に変化が起こり、病気のリスクや死亡リスクが高まります。

ポイント

飼い主さんは、

『成猫用のキャットフードをやめて、体重管理に気を配ってあげる』
『シニア猫のキャットフードを選んであげる』
『ビタミンC.E、タウリン、食物繊維が豊富で低カロリーなものを選んであげる』

といいでしょう。

このページでは、シニア猫におすすめのキャットフードから、必要な栄養素まで詳しく解説していきます。

愛猫ちゃんと、できるだけ長く一緒に過ごしたい人は、ぜひ参考にしてください。

 

シニア猫におすすめキャットフード3選!

1位:ピュリナワン 初回お試し価格あり500円(1,6kg)~ 

 

グレインフリー・合成着色料・香料無添加」でコスパ抜群。

初回限定の価格ながら、グレインフリーフードが500円から買えるピュリナワン。

市販でも通販でも購入できるのもいいですね。

シニア猫用に、『11歳以上』と『15歳以上』の2種類が用意されているのも、他のキャットフードにはない特徴。

信頼できると評判の雑誌でも、シニア用フードのNO1に選ばれています。

口コミ

ミール系のお肉にどんな素材が使われているか不安な面もありますが、低料金を考慮すると、いちどは愛猫に食べさせてみる価値はあると思います。
グレインフリーのキャットフードのなかでは最安値でお財布にもやさしいです◎

 

2位:モグニャン
3,960円(1,5kg) → 初回限定1,980円

 

モグニャン

モグニャンの原材料は、シニア猫に優しいヒューマングレードです。

獣医師から評価の高いモグニャンは、グレインフリーで消化に負担をかけません。

カロリーもヘルシーで、太りやすいシニア猫の体重管理にもバッチリ。

着色料不使用、香料不使用、遺伝子組み換え原料不使用で安心感もあります。

高齢の猫の食事こそ気を配りたいという飼い主さんにオススメの一品です。

 

3位:シンプリー
3,960円(1,5kg) 

シンプリー

シンプリーは、世界のペット愛好家が認めたキャットフード。
累計で100万袋以上売れている実績が信頼性の高さを物語っています。

シニア猫の消化に優しいグレインフリーで、新鮮な生サーモンが主原料。
20歳になっても安心して給餌できます。
食が細くなっている高齢の猫にもオススメです。

 

高齢な猫に必要な8つのポイントに注目しましょう

シニア猫に長生きしてもらうには、以下の8つのポイントが大切です。

1)水
シニア猫は、成猫よりも、脱水症状になりやすい。
水をしっかり飲んでいるのかチェックして、水分量が少ない場合は、水分量の多いウエットフードにしてあげるか、ドライフードに水を加えてふやかして給餌しましょう。
2)カロリー
シニア猫は、運動量が少ないため、低カロリーで十分です。
成猫と同じように給餌していると、太ってしまいます。
反対に、かなりの高齢になると衰弱して痩せていきます。
肥満と体重減少は死亡リスクを高めますので、適正な体重維持を目指してください。
3)リン
過剰にリンを摂取すると、腎臓病になりやすいです。
シニア猫には、キャットフードのリンの配合量をチェックして、過度なものは控えてください。
4)たんぱく質
高齢でも健康な猫には、たんぱく質をしっかり食べさせます。
ただし、食事の量を増やしてしまうと、高カロリーになってしまいます。
シニア猫には、質の高いキャットフードを給餌してあげるのが原則です。

ただし、腎臓病や心臓病の場合は、控えめにしなければいけません。

5)ナトリウム
健康な猫なら、過剰にナトリウムを摂取しても、尿で排出してくれますが、高齢になると過剰摂取に注意が必要です。
6)脂肪
シニア猫は、基礎代謝が下がっているので、脂肪の摂取量を減らします。
ただし、非常に高齢で痩せている猫は対象外です。
高齢になると、脂肪を燃焼する力が弱まっていますので、愛猫ちゃんの様子を見て、キャットフードを選びましょう。
7)繊維
シニア猫で腸の働きが弱くなっていくと、便秘になりがちです。
繊維質の量を増やしてあげてください。
8)消化率
シニア猫は、消化吸収の力も弱くなっています。
ドライフードなら水でふやかしてあげるなどの工夫をしてあげましょう。

 

シニア猫におすすめのキャットフードまとめ

1位 2位 3位
フード名 ピュリナワン

 

モグニャン

モグニャン

 

シンプリー

シンプリー

獣医師の推薦 低評価
なし。
評価
あり。
評価
あり。
たんぱく質 評価
30%以上
評価
30%
高評価
37%
価格 初回500円~/1,6kg(袋)
定期コースで最大20%割引
初回1,980円/1,5kg(袋)
定期コースで最大20%割引
単品3,960円/1,5kg(袋)
定期コースで最大20%割引
カロリー 約355キロカロリー(100gあたり) 約374キロカロリー(100gあたり) 約380キロカロリー(100gあたり)
添加物 評価
・グレインフリー
・着色料・香料不使用。
最高評価
・グレインフリー
・ヒューマングレード
・着色料・人工保存料・香料・遺伝子組み換え原料の不使用。
最高評価
・グレインフリー
・ヒューマングレード
・着色料・人工保存料・香料・遺伝子組み換え原料の不使用。
「グレインフリー」「ヒューマングレード」「オールナチュラル」3拍子揃えるならモグニャンで決まり。

ピュリナより価格は高くなりますが、シニア猫ちゃんが長生きする食事に間違いないと思います!

 

\初回限定半額1,980円/
プレミアムキャットフード『モグニャン』

  • この記事を書いた人

一般社団法人ペットフード協会公認 ペットフード販売士 ナオヨシ

ペットフード協会公認 ペットフード販売士のナオヨシです。 猫と暮らすこと30年以上。 さまざまなキャットフードを比較して、猫のゴハンの大切さを伝えています。

-キャットフードランキング

Copyright© ペットフード販売士監修!おすすめキャットフードランキング , 2018 All Rights Reserved.