健康的で美味しく食べれるキャットフードランキング

招き猫のキャットフードランキング

猫の病気

猫の糖尿病に必要な栄養素。オススメキャットフードを紹介

更新日:

猫 症状

猫の糖尿病とは血液の中の糖が多くなってしまう病気です。

肥満の猫や高齢の猫が疾患するリスクが高いと言われています。

糖尿病には、血糖値のコントロールが大切になります。

糖尿病には食事の管理がとても重要になります。

獣医の先生からお家で出来ることもあると聞き、糖尿病についていろいろ聞いてみました。

今回は糖尿病に必要な栄養素、オススメな食材、キャットフードを紹介したいと思います。

糖尿病の症状

猫
初期にはほとんど症状はありません。

糖尿病は状態が進行してから初めて気づくことが多い病気です。

こんな症状があったら糖尿病の可能性が

  • 多飲多尿(血糖値を薄めるために水を大量に飲む)
  • 過食なのにどんどん痩せていく
  • 食欲、元気がなくなる
  • 嘔吐

糖尿病は血液の糖が細胞に取り込めなくなり、体のいたるところに障害が起きる病気です。

喉が乾くので、水をたくさん飲みます。

おしっこもたくさんします。

糖が細胞に取り込めないので、食べても食べても太りません。

病気が進むと、意識障害や失明に至る可能性もあります。

糖尿病の自宅ケア方法

糖尿病の症状が少しでも見えたら、必ず獣医に連れて行ってあげてください。

獣医師との相談のうえ、インスリン投与の治療になります。

インスリンを投与すると血糖値が下がります。
投与量や投与回数、タイミングは正確に実施してください。

それをサポートするという意味で家庭ケアがあります。

従来の食事は「低脂肪、高繊維」が主流でした。

現在は「低炭水化物、高タンパク質」が主流になっています。

糖尿病の食事法

低炭水化物だと、血糖値は肝臓で行われる糖新生(糖分をアミノ酸から作る)で維持可能で肝臓に負担がかかりません。
この機能を活用するためには、糖質を減らした分、タンパク質を増やす必要があります。

腎機能低下が認められる場合は、高タンパク食にすると腎機能が悪化しません。
血中尿素窒素量が増加するので、食事により効果と腎機能低下と区別をつけるためにも、必ず獣医と相談の上、実施してください。

食事以外のケア方法

食事も重要ですが、運動することも非常に重要です。

重症で寝てばかりなら仕方がないですが、動けるのであればしっかり遊び、運動させてください。

糖尿病に効果的な栄養素

ササミ

効果的な栄養素 効果 含まれる食材
脂肪の少ない肉 高タンパク質 ササミ、鳥胸肉、豚ヒレ肉
水溶性食物繊維 腸からのグルコース吸収速度を遅くさせる わかめ、めかぶ、オクラ
不溶性食物繊維 腸からのグルコース吸収速度を遅くさせる コーン、おから、かぼちゃ

 
カボチャ

食事の基本は「低脂肪、高繊維」か「低炭水化物、高タンパク質」が基本です。

獣医師の指導のもと、血糖値を調整した上で試してみてください。

糖尿病にオススメなキャットフード

糖尿病に必要な栄養素が入ったキャットフードを紹介します。
以下に当てはまるキャットフードがオススメです!
*獣医に必ず相談のうえ、あたえてください

  1. 高タンパク質
  2. 低炭水化物
  3. 低脂肪
  4. 高食物繊維

・ジャガー



動物性タンパク質80%以上。
穀物は使用していないので、低炭水化物です。
血糖値の急激な上昇をおさえます。
海藻も入っているので食物繊維がたくさん入っています。

まとめ

猫の糖尿病は、食事がとても重要になります。

猫は肉食動物です。

いつもあげているキャットフードの主食が穀物であったり、脂肪量が多かったりすると糖尿病のリスクが高まります。

糖尿病の予防のためにも「高タンパク質、低炭水化物」とキャットフードをあげてください。

まず第一歩として今あげているキャットフードのラベルを見て、何が入ってるかも確認することが大切です。

毎日の食事から猫の健康を作っていきましょう。

以上、「猫の糖尿病に必要な栄養素。オススメキャットフードを紹介」でした。

-猫の病気

Copyright© 招き猫のキャットフードランキング , 2017 All Rights Reserved.