健康的で美味しく食べれるキャットフードランキング

招き猫のキャットフードランキング

猫の病気

猫の肝臓病に効果的な栄養素。オススメのキャットフード

更新日:

困った猫
「猫ちゃんの下痢が続く」
「嘔吐した」
「元気がない」

もしかしたら肝臓病の可能性も

肝臓は食べ物からとった糖、タンパク質、脂肪をエネルギーに変えたり、貯蔵する臓器です。

キャットフードに化学物質摂取量が多いと肝臓に負担がかかり、不調になることも。

今回は、肝臓病に効果的な栄養素とキャットフードを獣医さんに聞いてきました。

肝臓病の症状

肝臓は悪い状態でも症状が出ないこともあり、気づくのが遅くなりがちです。

こんな症状があったら肝臓病かもしれません。

  • 下痢、嘔吐、便秘の症状がある
  • 元気がない
  • 出血がある
  • 口臭の変化

久しぶりに血液検査をしたら、肝臓の数値が上がっていて発見されることもあります。

黄疸で目が黄色くなったり、腹水によって気づくこともあります。

早期発見は難しいことから、待機的な健康診断が重要です。

肝臓病のケア方法

レバー
肝臓に問題が生じたとき、一番重要なことは「肝臓を休ませる」ことです。

具体的には「食べさせすぎない」ことなのです。

また、肝機能強化のハーブやサプリメントがありますが、肝臓以外に問題があってその影響で肝臓の数値が高い場合は、ほとんど改善しないことが多いようです。

その場合は同じことに粘り強く取り組むのではなく、根本的な原因を考えることが重要です。

東洋医学的には肝機能を正常化するには同じ肝臓を食べる「同
物同治」という考え方があります。

レバーばかり食べると今度は消化器系等に負担が及ぶかもしれないので、他の食材も加えます。

肝臓病に効果的な栄養素

カボチャ

効果的な栄養素 効果 含まれる食材
タウリン 肝機能強化 貝類、アジ、イカ
ビタミンE 血行をよくする かぼちゃ、コーン、すじこ
亜鉛 肝機能回復効果 牡蠣、豚レバー、牛肩ロース

肝臓は身体の臓器の中で最も再生機能の高い臓器です。

肝細胞の再生にはタンパク質やビタミン、ミネラルが必要なので動物性食材と海藻などが重要です。

栄養素としては、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、亜鉛、タウリンが重要です。

東洋医学的には、酸性の食材の豚肉がオススメです。

にんじんや卵、おから、スイカ、メロンなどを加え、重症の場合はレバーを追加します。

レバーが多すぎる気がしたら、里芋や大根を追加してみてください。

肝臓病に効果的なキャットフード

キャットフード
肝臓病の改善に必要な栄養素が入ったキャットフードを紹介します。
この3つに当てはまるキャットフードがオススメになります。

  1. 動物性タンパク質が原材料
  2. ビタミンEが入っている
  3. 亜鉛が入っている

①カナガン
主な原材料はチキン。
ビタミンEがたくさん入っているハーブやさつまいも入り。
サーモンオイルには亜鉛が入っています。

②モグニャン
主な原材料は白身魚。
かぼちゃとさつまいもが入っているのでビタミンEたっぷりです。
サツマイモが入っているので食物繊維たっぷりです。
亜鉛もサーモンオイルいりなので、しっかりとれます。

③ジャガー



主な原材料はチキンと鴨。
サツマイモ入っているので、ビタミンEは充分取れます。
サーモン入りで亜鉛もとれます。

まとめ

猫 診察
肝臓病は症状が見つけにくい病気です。

しかし臓器の中で最も再生能力が高いので、良質なタンパク質を取るのがとても重要です。

添加物の入っていない、良質なタンパク質入りのキャットフードをあげて、肝臓の負担を軽くしてあげましょう。

定期的な健康診断もとても重要です。

以上、「猫の肝臓病に効果的な栄養素。オススメのキャットフード」でした。

-猫の病気

Copyright© 招き猫のキャットフードランキング , 2017 All Rights Reserved.